勃起不全はこれで治る!

特に日本人の糖尿病の人は勃起不全に注意

近年は日本人の性機能の低下が著しいものであり、1998年の調査では成人男性の4人に1人の割合で中度や重度の勃起不全であるというデータがあります。
特に糖尿病の患者は勃起不全になる人の割合が健常者よりも多いと言われています。
糖尿病にはすい臓のベータ細胞が壊れる事によってインスリンが分泌されなくなってしまう1型と、遺伝的に糖尿病になりやすい人であり生活習慣が問題で糖尿病となってしまう2型がありますが、日本人の場合は95%が後者の2型であると言われています。
そして、1型と2型に関係なく糖尿病にかかっている男性が勃起不全になる割合は、健常者の2倍から4倍程度高くなると言われています。
どうして糖尿病になると勃起不全になるのかについてはまだ完全に原因が解明されているわけでは無いですが、高血糖になる事が原因の血管障害と神経障害の二つが原因となっていると考えられています。
勃起というのは海綿体に血液が流れる事によって勃起しますが、糖尿病は高血糖による血管の異常が起きます。
また、勃起して血液を流すためには陰茎動脈を拡張する必要がありますが、陰茎動脈を拡張するには性的に興奮した後に神経も介してやり取りが行われ、そこに障害が起こる事によっても勃起不全になると考えられます。
もし、勃起不全であり最近健康診断を受けていなかったという人がいれば、自覚症状が現れにくいですが糖尿病にかかっている可能性もあります。
また、そうで無い人でも日本人は2型の割合が非常に多いために、普段から食事に気を配りながら適度に運動をする事によって病気に罹る可能性を下げる事が出来るので、健康だけでは無く男性としての機能の面からも普段から食生活には気をつけておいた方が良いです。